2012年から2014年6月8日までの重賞でのJRAVANマイニングを

順位別の成績で見ると以下になってます。

まずは芝から

指数順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1位 49- 34- 28- 160/ 271 18.1% 30.6% 41.0% 62 79
2位 33- 32- 31- 175/ 271 12.2% 24.0% 35.4% 77 76
3位 36- 36- 21- 178/ 271 13.3% 26.6% 34.3% 91 88
4位 24- 25- 23- 199/ 271 8.9% 18.1% 26.6% 66 84
5位 26- 17- 28- 200/ 271 9.6% 15.9% 26.2% 79 82
6位 12- 23- 20- 216/ 271 4.4% 12.9% 20.3% 57 67
7位 21- 28- 18- 204/ 271 7.7% 18.1% 24.7% 80 97
8位 10- 9- 13- 238/ 270 3.7% 7.0% 11.9% 43 64
9位 15- 14- 14- 224/ 267 5.6% 10.9% 16.1% 131 87
10位 8- 18- 11- 226/ 263 3.0% 9.9% 14.1% 92 81
11位 6- 7- 13- 232/ 258 2.3% 5.0% 10.1% 26 68
12位 7- 9- 8- 226/ 250 2.8% 6.4% 9.6% 24 59
13位 6- 4- 15- 213/ 238 2.5% 4.2% 10.5% 38 88
14位 5- 7- 11- 200/ 223 2.2% 5.4% 10.3% 114 78
15位 4- 6- 8- 181/ 199 2.0% 5.0% 9.0% 74 106
16位 3- 2- 5- 164/ 174 1.7% 2.9% 5.7% 53 40
17位 6- 0- 1- 80/ 87 6.9% 6.9% 8.0% 354 90
18位 0- 2- 2- 68/ 72 0.0% 2.8% 5.6% 0 70

 

1位の回収率が62%では話になりません。

今のマイニングを信頼しているようでは

馬券が当たっても儲かることはないですね。

次にダート

指数順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1位 10- 8- 3- 15/ 36 27.8% 50.0% 58.3% 131 126
2位 2- 3- 7- 24/ 36 5.6% 13.9% 33.3% 31 92
3位 3- 4- 4- 25/ 36 8.3% 19.4% 30.6% 52 82
4位 3- 5- 3- 25/ 36 8.3% 22.2% 30.6% 35 68
5位 3- 1- 4- 28/ 36 8.3% 11.1% 22.2% 46 56
6位 3- 4- 3- 26/ 36 8.3% 19.4% 27.8% 116 117
7位 2- 2- 4- 28/ 36 5.6% 11.1% 22.2% 165 119
8位 3- 0- 1- 32/ 36 8.3% 8.3% 11.1% 74 39
9位 1- 2- 5- 28/ 36 2.8% 8.3% 22.2% 34 70
10位 2- 2- 1- 31/ 36 5.6% 11.1% 13.9% 73 42
11位 0- 0- 0- 36/ 36 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12位 0- 3- 2- 30/ 35 0.0% 8.6% 14.3% 0 41
13位 0- 2- 0- 33/ 35 0.0% 5.7% 5.7% 0 136
14位 0- 0- 0- 34/ 34 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15位 2- 0- 0- 32/ 34 5.9% 5.9% 5.9% 355 48
16位 2- 0- 0- 28/ 30 6.7% 6.7% 6.7% 1156 166

 

1位の成績は素晴らしいです。

勝率、単複回収率ともに非の打ち所なしです。

しかし、問題なのは15位と16位の勝率も回収率も高いこと。

最高評価の馬の成績が良くても、最低評価とブービー評価の馬が

好成績を出していたら意味がありません。

マイニングの成績が悪いということは予測タイムの精度が低い

ということになりますので、現状では主軸にはできないファクターだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう