マイニング上位騎手と重賞

重賞でマイニングの成績が良くないということは 前回書きましたが、

1~3位の該当数が多い騎手で見ると その印象は比較的良くなります。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
岩田康誠 15-13- 8-31/67 22.4% 41.8% 53.7% 80 99
内田博幸 13- 9- 9-31/62 21.0% 35.5% 50.0% 162 108
福永祐一 10- 9-12-22/53 18.9% 35.8% 58.5% 80 93
浜中俊 9- 3- 2-34/48 18.8% 25.0% 29.2% 75 55
蛯名正義 9- 7- 2-28/46 19.6% 34.8% 39.1% 138 85
武豊 12- 6- 3-24/45 26.7% 40.0% 46.7% 148 113

 

上記は2012. 1. 5 ~ 2014. 6. 8の期間で 40回以上該当した騎手のみですが、

回収率100%を超えている騎手もおり 狙い所としては悪くないことがわかります。

マイニングの期待に答えることができる騎手は 該当数が多い騎手ということになるわけですが

マイニングは騎手の要素も含めているであろうだけに

この結果というものはある程度信頼できるのではないでしょうか。

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう