JRAのマイニングを2013年から振り返ると
新馬戦の1位の成績が回収率67%と非常に悪いです。
しかし人気別で見ると以下のように1番人気の時というのは
非常に良い成績になっているので、固く馬券を買う人にとっては
良い指標になると言えますが、穴馬をマイニングが拾ってくれることが
ほぼ無いということからも、これは知っておかないといけないデータです。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 53- 17- 16- 32/118 44.9% 59.3% 72.9% 94 91
2番人気 15- 14- 10- 33/ 72 20.8% 40.3% 54.2% 83 87
3番人気 7- 4- 7- 23/ 41 17.1% 26.8% 43.9% 88 80
4番人気 2- 4- 3- 32/ 41 4.9% 14.6% 22.0% 38 51
5番人気 1- 3- 2- 10/ 16 6.3% 25.0% 37.5% 65 98
6番人気 0- 3- 3- 8/ 14 0.0% 21.4% 42.9% 0 135
7番人気 0- 0- 2- 10/ 12 0.0% 0.0% 16.7% 0 53
8番人気 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 120
9番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 123
11番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2013. 1. 5 ~ 2014. 3.23

さて、このようなデータがあると1番人気がマイニング1位じゃないレースでは
マイニング2~3位を選んでしまいがちですが、回収率は70%前後と低く
下位の方が回収率が高くなっている傾向にあります。

最も簡単なマイニングの新馬戦での使い道は
1番人気が1位なら頭にして馬券を狙うということぐらいなのかもしれませんね。

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう