前回の記事はこちら

https://at-a-gallop.net/?p=379


ということで、10回以上テン乗りされる馬は
回収100%と高い反面、その理由がネガティブか
ポジティブかで差があるであろうということは
前回の記事で考えられることです。


そこで、今回

「テン乗りを10回以上もするような馬の調教師」

ここで成績が良いかどうかを考えてみました。


好成績であれば意図的にしている可能性がありますし
ポジティブな理由であるケースが多いかもしれないからです。

注目しているのは以下の調教師達。

---------------------------------------------------------------------
調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------
(栗)矢作芳人 21- 21- 8-131/181 11.6% 23.2% 27.6% 118 137
(栗)角居勝彦 16- 8- 9- 52/ 85 18.8% 28.2% 38.8% 94 88
(栗)村山明 15- 10- 22-107/154 9.7% 16.2% 30.5% 178 94
(栗)荒川義之 15- 7- 10- 99/131 11.5% 16.8% 24.4% 85 74
(栗)須貝尚介 14- 11- 10- 59/ 94 14.9% 26.6% 37.2% 196 147
(栗)清水久詞 13- 10- 13-118/154 8.4% 14.9% 23.4% 123 83
(栗)森秀行 13- 8- 8-114/143 9.1% 14.7% 20.3% 162 99
(栗)池江泰寿 12- 6- 8- 66/ 92 13.0% 19.6% 28.3% 96 76
(栗)鮫島一歩 12- 5- 7- 92/116 10.3% 14.7% 20.7% 96 98
(栗)西園正都 8- 10- 7- 80/105 7.6% 17.1% 23.8% 264 130
(栗)吉田直弘 8- 9- 4- 52/ 73 11.0% 23.3% 28.8% 144 103
(栗)野中賢二 8- 7- 3- 32/ 50 16.0% 30.0% 36.0% 234 142
(栗)角田晃一 8- 4- 6- 57/ 75 10.7% 16.0% 24.0% 97 84
(栗)安田隆行 7- 4- 7- 29/ 47 14.9% 23.4% 38.3% 159 92
(美)栗田徹 7- 3- 3- 58/ 71 9.9% 14.1% 18.3% 224 112
(栗)梅田智之 6- 2- 6- 23/ 37 16.2% 21.6% 37.8% 157 85
(美)久保田貴 6- 2- 6- 21/ 35 17.1% 22.9% 40.0% 120 91
(栗)小崎憲 6- 1- 7- 48/ 62 9.7% 11.3% 22.6% 147 99
(栗)千田輝彦 5- 7- 6- 52/ 70 7.1% 17.1% 25.7% 164 98
(栗)高橋義忠 5- 7- 2- 29/ 43 11.6% 27.9% 32.6% 291 266
---------------------------------------------------------------------

適当な戦略ではなく、好結果を出していることが
数値の高さから伺えます。

該当馬がいたら注目してみたいところですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう