閉じる
  1. 今週も上々の結果!
  2. 指数やギャップ馬が多重に該当する馬が人気薄での好走。これが馬券の醍醐味…
  3. 競馬の重賞予想をする時に誰でもできるのに誰もしていない効果的な手法
  4. チャンスでの乗り戻り
  5. 圧倒的な人気で勝ち昇級した馬の価値
  6. 40万馬券「こんなの取れねーよ!」は言わせません
  7. 坂路調教を考える
  8. 桜花賞は馬連1点+3連単2頭1・2着固定で固め打ち的中でした
  9. 夏の終わりも華麗にクリア
  10. 【競馬ソフトTARGET】調教師検索と最古データを利用しよう
閉じる
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス キーンランドカップ 特別登録時点総合評価指数と注目…
  2. レコフィル判定と成績(本日も試しに掲載)
  3. レコフィル判定と成績(試しに掲載)
  4. 坂路調教時計とレース間隔からタフな馬を見つけて高回収率を狙う方法
  5. 札幌記念 北九州記念 特別登録時点総合評価と注目馬
  6. 両重賞はOPENKillerでタブル的中
  7. うましり  大型アップデートVer2.0公開
  8. 関屋記念 エルムステークス 他 特別登録時点総合評価指数
  9. 指数判定シートと指数2を作りました
  10. 京都ダート1400mを竹内ロジックで簡単攻略する
閉じる

指数や坂路調教 競馬予想ファクターを研究し続ける競馬ブログ at a gallop

テン乗りで勝負が成功している騎手と失敗している騎手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

テン乗りについての話を少々したいと思います。
テイクアップアームズの方でも記事にしたのですが
そもそも私はテン乗りについてブログに書いていたところ
書籍化のオファーをいただいたことがスタートみたいなものですから
あまり触れないというのもおかしいですもんね。(笑)


テン乗りについて知っておきたいこと

テン乗りとは初騎乗するという意味であって
新馬戦やデビュー戦はそれに含みません。

例えば先日桜花賞を勝ったレーヌミノルは
これまで浜中騎手が5回、蛯名騎手が1回騎乗しており
桜花賞では池添騎手が初めて騎乗したのテン乗りでの勝利となります。

ですが、基本的にG1はテン乗りの成績が悪いものでもあります。
G1ともなれば最低人気の馬ですら良い馬ですから
これまで乗り慣れたコンビと言える騎手のほうが
好結果を出すことが多いものなんですね。

その中でもG1の格というのも正直なところありまして
高松宮記念や朝日杯、フェブラリーステークスなどでは
テン乗りでも勝つことは珍しくありません。

ただ、やはり有馬記念や日本ダービーであったり
天皇賞や距離の長い菊花賞などでもテン乗りの成績は悪いです。


テン乗りには様々なケースが考えられます。

・新人騎手やリーディング下位の騎手に弱い馬を乗せてあげる

もちろんデビューしたばかりの騎手に関しては
騎乗する馬はもちろん初騎乗になってしまいます。
また新人騎手に良い馬が次々回ることは少ないですから
必然的にテン乗りが増えて人気薄の馬が多くなりますね。

嶋田純次騎手を見ても昨年もテン乗りが49回
2015年は84回テン乗りをしています。
騎乗馬の平均オッズは『100倍を超えている』わけですから
やはり人気薄の正直馬場掃除のような馬が次々と
下位の騎手に回ってきているということになります。

・主戦の騎手が他の馬に騎乗するため

メインで騎乗している騎手が他場に行っていたりとか
同じように主戦の馬が同じレースに騎乗した時など
当然1人の騎手は1頭の馬にしか騎乗できませんので
必然的に騎手が替わることでテン乗りとなるケースです。

・馬に変化を付けたい場合

例えば折り合いに欠ける馬に対して
テン乗りの騎手と手が合うことはよくあります。
またゲートが下手な馬も騎手が乗り替わった途端に
上手くゲートを出るということも少なくありません。
(その逆もありますが。)

・勝負に行きたい場合

ここぞ!という時にリーディング上位の騎手に依頼をしたり
またおそらく逆のパターンでエージェントや騎手本人が
営業をして有力馬を奪ってしまうというケースです。

今回はこの勝負に行きたい場合について
少しお話してみたいと思います。


テン乗りで勝負に行く騎手

2014年以降で1番人気でテン乗りをした
回数ではなく割合を見ていきましょう。

1位は何と35.1%も該当しているムーア騎手。
次に34.9%のモレイラ騎手でこの2人がダントツです。

3位はルメール騎手で29.5%と通年騎乗している
JRA所属の騎手と考えると非常に高い数値です。

4位からも外人参戦騎手が沢山該当しますが
JRA所属であるとデムーロ騎手、川田騎手、戸崎騎手
福永騎手が圧倒的に高く、武豊騎手はそれを追う形で
実はまだ上位にいるという状態です。

次に勝利数順に見て行きましょう。

1位戸崎騎手 268回騎乗
勝率35.4% 回収率83%

2位ルメール騎乗 234回騎乗
勝率33.3% 回収率73%

3位川田騎乗 159回騎乗
勝率35.8% 回収率83%

4位デムーロ騎乗 195回騎乗
勝率28.2% 回収率68%

5位福永騎乗 146回騎乗
勝率36.3% 回収率92%

6位岩田騎手 144回騎乗
勝率28.5% 回収率67%

7位武豊騎手 105回騎乗
勝率34.3% 回収率82%

8位内田騎乗 94回騎乗
勝率37.2% 回収率94%

9位吉田隼人騎乗 106回騎乗
勝率27.4% 回収率66%

10位田辺騎手 60回騎乗
勝率45.0% 回収率130%

やはり名のしれた騎手達が多く騎乗して
多く勝ち星をあげていることがわかります。

ただ、このような結果を見た時に私が思うのは
全てではありませんが馬主さんや調教師さんの意志で
オファーをしているのであれば・・・
データや実績について数字で把握していない人も
多いのかな?という疑問が浮かびます。

というのは、もちろん馬主や調教師は回収率なんて
関係ありませんしどうでもいいと思っているはずですが
勝率に関しては最も重要なことであると考えるはずです。

上記で言えば1位の戸崎騎手は勝率が高いですし
川田騎手、福永騎手、武豊騎手、内田騎手、そしてずば抜けて
田辺騎手に関しては正解のテン乗りだと思います。
結果として勝負が正しい方向(1番人気の平均勝率より良い)に
出ているわけですからね。

ルメール騎手は平均的ということになりますが
デムーロ騎手、岩田騎手、吉田隼人騎手に関しては
どう考えても新人騎手に騎乗させても良いぐらいの結果です。

もちろん彼らが騎乗することで人気になってしまって
2番人気と差のない1番人気になってしまったケースも多いですが
それにしては成績が貧弱です。

※こういうこともありデムーロや岩田の騎乗馬の質が落ちたということも
十分に考えられる結果ですね。

さて、こういう傾向を知ったわけですが
これを馬券に活かすにはどうすればいいでしょうか?


馬主目線と馬券購入者目線を両方持ってみる

まず、馬券購入者としての目線で考えると
回収率が重要になります。

そうなると田辺騎手を筆頭に内田騎手、福永騎手からの馬券は
収支を上げるために必要な存在であるとわかります。

次に馬主目線だと「勝つこと」だけで考えるわけですが
これはすなわち「当てること」に繋がります。

回収率よりまず当てることを重視するのであれば、
言い換えれば1着は固定して2-3着をチョイスすることが上手く
馬券収支を上げる自信があるのであれば、
戸崎騎手、川田騎手、武豊騎手も1着としてチョイスできます。

最後に、ルメール騎手やデムーロ騎手、岩田騎手
吉田隼人騎手などがテン乗りで1番人気なのであれば
信頼度も回収率も低めになりますので他の馬から狙うという
選択も浮かび上がってきますよね。

今日はこの辺で。
また次回の更新で、テン乗りの話はしてみたいと思います。

テン乗りと指数を組み合わせる

関連記事

  1. 【嗚呼、繋ぎテン乗り】9月6~7日

  2. ダートのサウスヴィグラスはテン乗り激走に注意

  3. 実は面白い障害レースでのテン乗り2

  4. 【嗚呼、繋ぎテン乗り】7月25~26日

  5. 【嗚呼、繋ぎテン乗り】11月14~15日

  6. テン乗りが多い馬の考察1

おすすめ記事

  1. 馬券収支を上げていくために必要なこと
  2. 競馬アプリうましりの話
  3. レース選定と錯覚に負けない意識を持つ
  4. 東京、中山、阪神、京都に限定してテン乗りを見るとわかる優秀な騎手
  5. これぞ安定!という馬券ロジックを掲載

テイクアップアームズからのプレゼント!

10の指数が変える人生『take up arms』

竹内監修競馬アプリ うましり

馬券家竹内の競馬特番っぽいチャンネル

ピックアップ記事

  1. 馬券収支を上げたいと思って馬券研究をし始めてからあっという間に10年以上の時間が流れていきました…
  2. こんにちは、竹内です。昨日はいきなりの「うましり」の告知をしましたが 恐らく多くの方の…
  3. こんばんは、竹内です。レース指数の方ですが、各会員サイト共通コンテンツとして11月中には…
  4. ほら、そういえば僕って 2009年に世にも数少ないテン乗り本を 出版したじゃないですか。もちろんこ…
  5. こんにちは。ずっと僕が好きなロジックの1つを 今日は見せてしまおうかなと思います。◇ギャップ馬厳選 …

フェイスブックページ

人気ブログランキング

チャンネルの人気&オススメ動画

皆様へ

at a gallopへのご訪問ありがとうございます。
競馬の楽しさは誰しも感じることですが
馬券で勝つことにより馬券の楽しさを知ることで
更に競馬は楽しくなると私は感じています。
競馬の予想と馬券の予想はまた微妙に違います。
馬券で勝つことで競馬を楽しむという意味でも勝つ
そのテーマを持って活動しております。
何か参考になりましたら応援よろしくお願いたします。

本サイトでは、竹内の得意な部分である
競馬ブックレイティングや騎手理論(テン乗り)
また坂路調教時計関連の理論を中心に書いています。

動画でも多くの情報を配信しておりますので
ぜひ、本サイトを堪能してしゃぶりつくして
馬券力をアップしていただければと思います。

競馬人気ブログランキングへ

当サイトで手に入れる主な武器

坂路調教(坂路時計)を主体とした考え方や
坂路と血統などを組み合わせた方法など
調教を掘り下げて実用的な内容。

競馬ブックレイティングを活用した方法や
それを元に書籍化した理論、
ミリオンダラー馬券術など指数として幅広い内容。

また、テイクアップアームズの代表者として
指数を活用するような内容。

騎手本を出版している著者として
テン乗りなどの騎手理論としての内容。

様々な馬券と競馬予想に関する武器を提供しています。

また動画も数多くありますのでぜひご覧ください。

ページ上部へ戻る