前回、上記に書いたように2戦目の馬で回収率的に切れる馬を紹介しましたが
では三戦目はどうなんだ?という話です。

新馬、次、次のレース、3戦目のレースですが
競馬ブックレイティングを見ると47.9以下の馬を見ると
ほぼ好走することはなく、消し馬として利用できます。

年間で700頭ぐらいは該当しますが回収率20%程度しかなく
年間で馬券内が勝ち馬も含めて20頭ぐらいしかいません。

逆に言えば20頭は来てしまうのですが
「なんだよ!来たじゃないか!」という人は、どうぞ他の馬も全て
毎年700頭買ってあげてください。

競馬というのはトータルでの結果が重要ですが
1R単位で考えてしまう負け組思考を持っている人の場合
そうそう運が良くないと年間プラスなんて夢のまた夢です。

回収率20%の馬から100%に持っていける実力があればいいのですが
そんな実力があるなら100%の馬を180%にするほうがいいですよね。

これは、振り込め詐欺のような競馬予想会社の人に聞いても
競馬を知らない人に聞いても同意すると思います(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう