現時点での本年のテン乗り成績を見ると
福永騎手と吉田隼人騎手として川田騎手が勝率10%超えで回収率も100%を超えており
特にこの三人は牝馬へのテン乗りでも好走が多いことからも
馬への当たりが柔らかいということも考えられますので
騎手が変わるとダメな馬とか気性難の馬に騎乗した時に
今上手く乗れる騎手なのではないか?という想像ができます。

また牝馬という限定では40回以上テン乗りをして
4勝以上して回収率が100%を超えているのは吉田隼人騎手と
松山騎手しかいませんが、松山騎手に関しては5勝もしており
回収率が240%を超えているという珍しい成績を出しています。
1月に偏っている成績ですが5月にも2勝しておりますし
特に大久保厩舎とのコンビでは信頼できるので狙ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう