閉じる
  1. 競馬関連 配信動画ピックアップ
  2. 雨降りはチャンス
  3. 福島競馬で毎年のように高回収率を出している馬とは?(動画)
  4. 『外枠の魅力と回収率135%の狙い方』
  5. 中京記念的中!
  6. SE7ENは欲求を満たすツール
  7. ディープインパクトのディープな買い方
  8. 一番人気でのテン乗り作戦
  9. テン乗りと血統の面白い傾向
  10. 京都へ
閉じる
閉じる
  1. 猛暑を涼むためには馬券で勝つこと、でしょうか。
  2. 特別レース期待値の高い馬と中京記念の注目馬
  3. 特別登録時点総合評価指数 第66回トヨタ賞中京記念 第50回函館2歳S…
  4. 次走期待値の高い馬のメモ 2018/7/14~15
  5. 無料掲載レコフィル指数 第54回農林水産省賞典函館記念など
  6. 無料掲載レコフィル指数 マレーシアカップ 安達太良Sなど
  7. 藤原厩舎の失速とRレベル
  8. ジャパンダートダービーの話とGTVの話
  9. 特別レース期待値の高い馬 第54回農林水産省賞典函館記念など
  10. 特別登録時点総合評価指数 第54回農林水産省賞典函館記念など
閉じる

無料で競馬指数掲載中、坂路時計や血統や騎手分析、競馬ソフトTARGETや動画まで。at a gallop

タグ:乗り戻り

テン乗りの話を先週記事にしましたが今回は「乗り戻り」についてです。乗り戻りと乗り替わりとテン乗りを分けるまず世間的には99.9%の競馬ファンが騎手が替わることを乗り替わりと括りますが私はそうではないと思います。そ…

坂路調教の持ち時計を更新した馬とそれを管理する調教師、そして騎乗する騎手。この騎乗する騎手が乗り替わりの場合に勝負気配を感じるパターンの話をしたいと思います。例えば戸崎圭太騎手×木村哲也調教師これはここ2…

【嗚呼、繋ぎテン乗り】----------------------------------------------「嗚呼、繋ぎテン乗り」とはテン乗り時に勝率4.9%以下の騎手のグループで次走そのグループ以外の騎手が騎乗すると勝率が5.7% …

重賞での乗り戻り成績を見ると勝負どころで「自分が乗る!」ということが得意な騎手を知っておくことができます。福永、浜中、武豊、実力があり実績もある騎手もいますが大野のようにお世辞にもトップジョッキーではない騎手も上位です。…

先日書いた「前走逃げ 今走テン乗り」での今走脚質ですがこれが乗り戻りの場合はどうなるでしょうか?一度乗り捨てた(降ろされた)というケースもあるだけに前走の騎手と同じ競馬をする素直な騎手は誰なのか?前走逃げ 今走乗り戻りで…

こんばんは。竹内です。 2014年上半期が終了したわけですが 現時点での騎手の勝ち数を見てみましょう。 1位 戸崎圭太 70勝 回収率93% 2位 岩田康誠 56勝 回収率73% 3位 武豊   55勝 回収率75% 4位 川田将…

一時期は武豊騎手が騎乗して成績が出なかった馬が乗り替わりになって勝てそうになると武豊騎手に戻ることを強奪なんて言われていましたが強奪はともかく、チャンスになった時に乗り戻れるというのは騎手の信頼や馬主サイドの意向など色々あることでしょう…

一度乗り代わって乗り戻るというケースには・単純に降ろされた・騎手の騎乗予定の都合ということが大半を占めますが、やはり一度自分が騎乗した馬に他の騎手が騎乗してから再度乗ることになれば「そいつらより良い成績を出したい!」と思うのがプロでしょ…

乗り戻りというのは過去に騎乗していた騎手が再度騎乗することを指します。テン乗りの説明でも書きましたが、世間一般的に騎手の騎乗パターンについて以下のようなわけかたをされています。・乗り替わり・それ以外ですが、私は騎乗には意図があると思って…

竹内監修競馬アプリ うましり

SUNDAY12FEVER

SUNDAY12FEVER

蘇りの法則

DLmarketで購入

5人の競馬ファンが勝ち組となった1通

竹内著書



勝利の方程式 GTV FILE

馬券家竹内の『競馬特番っぽいチャンネル』

10の指数が変える人生『take up arms』

ピックアップ記事

  1. 競馬予想について真剣に取り組み始めたのはいつだっただろうか? そんなことを思い色々と振り返ってみ…
  2. こんばんは、竹内です。あるテイクアップアームズの会員様から『今の競馬ファンの…
  3. 馬券収支を上げたいと思って馬券研究をし始めてからあっという間に10年以上の時間が流れていきました…
  4. こんにちは、竹内です。昨日はいきなりの「うましり」の告知をしましたが 恐らく多くの方の…
  5. こんばんは、竹内です。レース指数の方ですが、各会員サイト共通コンテンツとして11月中には…

フェイスブックページ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る