第75回菊花賞

第75回菊花賞

◎ショウナンラグーン

関東馬を本命にすることは避けようと思っていました。
菊花賞は関西馬が勝ち続けていますし、
栗東の坂路調教をしていることが
勝利条件の1つのような傾向もあります。

しかし、気になる馬がショウナンラグーン。

レベルは高くないにしても青葉賞を決め手の違いで
差し切り勝利を手にし、ダービーでは後方ポツンから
上がり最速で6着と善戦。

前走のセントライト記念は休み明けで
試走に近かった印象がありますし、
息を作るだけのような競馬だった印象です。

切れ味という意味ではメンバー随一ですし
ゲート下手だが折り合いはつくという点で
距離が3000mになる菊花賞ではこれまでの決め手を
しっかりと使えつつ、いつもより位置取りを前に置ける
そんな可能性も十分に秘めていると思います。

青葉賞、ダービー惨敗、セントライト記念からの
菊花賞というのはホオキパウェーブを思わせますし
関東馬だからと言って通用しないというルールはありません。

また、人間側の気持ちも相当強いでしょう。

大久保調教師はこれが最後のクラシックとなり
来年引退することが決まっています。

愛弟子吉田豊騎手からすれば当然
恩返しをここでしたいはずです。

また、ショウナンラグーンの祖母にあたる
メジロドーベルは誰もが知る名馬ですが
これも大久保&吉田豊のコンビでした。

これで気合いが入らない"人間サイド"は
ありえないでしょうし、吉田豊騎手も土曜から
リズムが良いですから、良いイメージを持って
競馬をしてくるかと思います。

みっちり乗り込んだ菊花賞仕様のショウナンラグーンで
今年の菊を狙ってみたいと思います。

○ワンアンドオンリー

能力的にも実績的にも菊花賞を取ることに
もっとも近いのはやはりワンアンドオンリーでしょう。

3角から徐々に進出してくる形は目に浮かびますし
状態面も良く、横山騎手も長距離が得意ですから
基本的には死角が無いと行っていいでしょう。

ただ王者の競馬を貫けずに
考えすぎて仕掛けが遅れる形になった時には
盤石ではないと思いますし、1番人気ですから
妙味を考えて対抗ポジションに置きました。

▲トーセンスターダム

距離の問題はありますが
デビューから京都で3連勝した後
皐月賞・ダービー・神戸新聞杯で惨敗と
極端に京都巧者の可能性があるトーセンスターダム。

乗り続けているのが武豊騎手ですから
ここで無策ということはありえないでしょうし
角でズルズル下がる不器用さも、
京都の形状であれば軽減されるでしょう。

本来の競馬ができれば巻き返しは十分に可能。

△サウンズオブアース
×ヴォルシェーブ
×ゴールドアクター

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~は、競馬本著者の竹内が制作したPDF形式の電子書籍馬券本となっております。

競馬本の単行本として発売するときには「1つのテーマで複雑ではないもの」という制約がある中で書く必要がありますが、本書に関しては私が自由に「こうすれば馬券力が上がります」という内容を書いたものとなっております。

馬券の初心者さんには特に見ていただきたい内容となっていますし「ここからの馬券人生のスタート」に役立てていただけると思います。

また、馬券歴が長い人にとっても使えることがきっとあるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう