大雑把に言えば馬体重は大きい方が良い。

これは成績上だけのことではなくて
実際に私がテイクアップアームズの方で
加藤誓二騎手と対談をして質問をしてみた時にも
回答として「そう思います」と頂いている。

格闘技のように階級制ではない競馬という競技ですが
実際に馬はぶつかり合うわけですし、風の影響も
もちろんパワーも必要ですから体重は重いほうが有利に
なる可能性が高いということは1つの常識です。

その中で、1枠の成績だけを抜き取ってみました。

というのは、1枠はスタートさえよければ前々で
競馬がしていけますが、少しでも控えれば内で揉まれます。

それであれば馬体重での成績が顕著に出るであろうと
想像したからです。

まず、2010年以降の1枠の成績は
勝率6.8% 単回収66%です。

そして、その1枠の馬体重別の成績が以下となります。

馬体重 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
~399kg 1.9% 2.9% 8.1% 40 68
400~419kg 3.9% 7.5% 12.6% 63 57
420~439kg 4.6% 10.7% 16.2% 54 67
440~459kg 5.6% 11.9% 18.5% 50 68
460~479kg 6.9% 13.8% 21.6% 65 76
480~499kg 8.3% 15.7% 23.2% 75 76
500~519kg 8.5% 16.9% 24.2% 85 82
520~539kg 8.8% 15.9% 22.4% 85 71
540~ 8.8% 14.3% 24.3% 109 88

全体の成績を超えているのは体重480キロ以上。
特に500キロを超えている馬の成績が良いです。

また、牝馬はやはり怯むところがあるのか
体重に関わらず1枠での成績が悪いですので、
牡馬に限定をすると上記の成績よりもかなり良くなってきます。

1枠だから有利、そんなことを競馬ファンは当たり前に使いますが
もともと回収率が低いのが1枠であり、馬体重を見なくては
話にならないというのが1枠だと覚えておきたいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう