夏の小倉最終週に傾向はあるのか?札幌は?

先輩方の教えは正しかったのか?

私がまだ競馬初心者の頃
競馬ファンの人の何人かに教えてもらったことの中に
「小倉最終週の芝は外枠を買え」というものがありました。

これは、開催が進んで芝が荒れてくるので
小回りで内有利な小倉なのに外枠の馬が好走するからというもので
実際にそれを参考にして大きな払い戻しを得たこともあります。

そこで、ここ数年の夏の小倉最終週について色々と結果を調べてみました。

枠番着別度数勝率連対率単回値
1枠8- 11- 9-103/1316.1%14.5%52
2枠9- 7- 11-110/1376.6%11.7%56
3枠12- 7- 7-115/1418.5%13.5%140
4枠7- 14- 7-114/1424.9%14.8%106
5枠10- 4- 11-121/1466.8%9.6%37
6枠2- 7- 10-129/1481.4%6.1%28
7枠15- 13- 12-145/1858.1%15.1%52
8枠12- 12- 8-155/1876.4%12.8%100

芝レースの枠別成績ですが、たしかに8枠の回収率が高いですし7~8枠の勝ち馬は多いです。
ですが・・・そこまで目を引くことではありませんね。

これは残念な結果でしたが、それなら逆に考えた方がいいのか?と思いまして
以下の条件で調べてみました。

・今走小倉芝1200m 前走も小倉芝1200mで6~8枠だった馬
⇒これで今走1~4枠

外から内パターンですね、私が昔教えてもらったのとは逆のケースです。

年・年月着別度数勝率連対率単回値
2016年3- 1- 1- 9/1421.4%28.6%137
2015年1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30
2014年2- 2- 0-11/1513.3%26.7%874
2013年2- 1- 1- 7/1118.2%27.3%921
2012年1- 1- 0-11/137.7%15.4%26

該当馬はかなり少ないですが回収率は高めになるんですね。
まぁ結論を言えば「他の武器を使って期待値が高い馬をいつも通りねらえ!」だと思うのですが
そういうものを持っていない人であれば、こういうところを狙ってみてもいいかもしれませんね。

札幌の最終週の方が面白い?

同じように夏の札幌最終週の結果を見てみると
前走も札幌が回収率95%、別場所が65%と圧倒的に前走札幌の回収率が高いです。

またその中でも前走0.0~0.5差の2~4着だった馬の回収率が高く
「何がなんでもこの札幌で1勝!」という思いが伝わってきます。

前着順着別度数勝率連対率単回値
前走2着14- 11- 18- 35/ 7817.9%32.1%88
前走3着10- 7- 5- 43/ 6515.4%26.2%138
前走4着6- 4- 3- 42/ 5510.9%18.2%137

また、好調継続でというところの意味合いになるかと思いますが
前走から連闘・2週・3週までの成績が良いですね。

前着順着別度数勝率連対率単回値
前走2着13- 9- 16- 29/ 6719.4%32.8%99
前走3着10- 7- 4- 35/ 5617.9%30.4%160
前走4着6- 3- 3- 33/ 4513.3%20.0%168

小倉よりこちらの方がワクワクする傾向かもしれませんね。

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~は、競馬本著者の竹内が制作したPDF形式の電子書籍馬券本となっております。

競馬本の単行本として発売するときには「1つのテーマで複雑ではないもの」という制約がある中で書く必要がありますが、本書に関しては私が自由に「こうすれば馬券力が上がります」という内容を書いたものとなっております。

馬券の初心者さんには特に見ていただきたい内容となっていますし「ここからの馬券人生のスタート」に役立てていただけると思います。

また、馬券歴が長い人にとっても使えることがきっとあるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう