美浦坂路が改修されて時計が遅くなったのが
2015年の3月ぐらいのこと。

それまでの美浦坂路は50秒台すら当たり前に出ていたが
今ではそんな時計を見ることは皆無に近い。

当初は速い時計で勝負掛かりの追いきりをしていた
調教師たちの戸惑いもあったのだろう、
成績が著しく落ちる調教師も実際にいた。

また、競走馬的にも速い時計を出した時が
好走の目安だったり、ルーティンのようになっていた
タイプだったために成績が落ちたりもしていた。

私も「改悪」と言っていたが、約1年が過ぎて
若干の傾向の変化が出てきている。

まず当該週坂路の最速時計別の成績を見ていただきたい。

坂路時計範囲着別度数勝率単回値複回値
51.0~ 51.93- 0- 2- 12/ 1717.6%146114
52.0~ 52.96- 12- 15- 78/ 1115.4%69121
53.0~ 53.936- 40- 35- 323/ 4348.3%8975
54.0~ 54.967- 66- 58- 770/ 9617.0%8679
55.0~ 55.991- 96- 90- 1085/ 13626.7%9679
56.0~ 56.990- 84- 96- 1093/ 13636.6%9776
57.0~ 57.977- 69- 66- 953/ 11656.6%5660
58.0~700- 718- 685- 8177/102806.8%6372

56.9秒以下の回収率が随分と高くなっていることがわかる。

しかし、もう少し細かく分けるととても限定的な部分の
回収率が上がっているということがわかってくる。

坂路時計範囲着別度数勝率単回値複回値
51.0~ 51.92- 0- 1- 5/ 825.0%273206
52.0~ 52.95- 6- 10- 41/ 628.1%114155
53.0~ 53.925- 20- 15- 190/ 25010.0%11171
54.0~ 54.929- 34- 26- 408/ 4975.8%6883
55.0~ 55.949- 59- 54- 619/ 7816.3%11483
56.0~ 56.947- 36- 45- 597/ 7256.5%11572

これはダートのみの成績である。

さらに言えば、人気で言うと6番人気以下の回収率が高く
美浦坂路の好時計馬は、人気薄のダートで光っているということになる。

更にその中でも回収率が高いコースが

・東京ダ1400m
・中山ダ1800m
・福島ダ1700m

これらを筆頭にした距離帯になるのだが、
大雑把に見ると1200mと1600mだけ以上に回収率が悪く
それ以外の距離で抜群で良いという結果になっている。

※1200mで59% 1600mで25%しかない。


さて、次回はこの情報を元にして違う目線から
さらなる狙い目を調べてみたいと思います。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう