こんばんは、竹内です。

2012年以降の芝レースで最も1番人気になった
回数の多い種牡馬はディープインパクトです。

勝率は34.1% 単77%となっています。

このディープインパクト産駒を細分化してみましょう。

まずはミリオンダラー馬券術を使ってみます。

・前走高★レース経由頭数

0~6頭 勝率35.3% 単79%

7頭以上 勝率25.2% 単64%

相手が揃っているレースでは弱いという
傾向があるのが面白いところですね。

次に坂路調教です。
これは東西一緒で簡単に覚えておきたいです。

55.9秒以下 勝率37.1% 単85%

それ以外   勝率31.8% 単71%

簡単に分けることができますね。

血統と坂路調教の組み合わせは効果的です。

最後にarms指数。

1~3位 勝率40.3% 単84%

4位以下 勝率33.2% 単76%

これも使いやすい傾向があると言えます。

1番人気を「買える」「買えない」にわけること。
これは馬券で勝つための重要なポイントです。

それと同時に、1番人気の勝率が20%台まで
落ちたところで1番人気は20%も勝つことを
頭に入れておかないといけません。

なぜなら競馬ファンはこういうデータを見た時に
そのデータのままの推移だったとしても
1番人気1回勝つだけで『やる気がなくなる』というぐらい
継続力に劣る人が多いからです。

私の読者様やコンテンツユーザー様以外であれば
そういう人が多い方が嬉しいことではありますが
私絡みの皆様には、そんな典型的なダメ馬券ファンに
なってほしくありませんからね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう