「これは無いだろ」

そう思った馬が1着になったりすると
記憶が鮮明に残ってしまうものです。

個人的には「40週以上ぶり」の出走馬が
勝ってしまうとその記憶が残りやすくて
かなりの頭数を勝っているように感じていました。

2010年以降の競馬では2589頭中
115頭が1着ということで、勝率としては4.5%程。

でも、体感的には倍ぐらいの勝ち馬がいる感じで・・・

さて、そんな40週以上もあいている馬が
狙い目の条件というのはあるのでしょうか?

これ、簡単に言うと栗東馬で当該週坂路の最速時計が
55.9秒以下ならOKという感じなのです。

⇒坂路時計を見るならSE7ENが便利!

年度別に見るとばらつきはありますが
回収率は130%と高くなっています。

もう少しひねると、そんな良い時計を出しているのに
体重が増えているような馬は調子が良いのかな?と
想像したのですが、馬体重的には+4キロ以上が狙い目で
回収率が149%と更に上がってきてくれます。

ミリオンダラー馬券術をご利用の方は
前走Rレベル高★~普通に限定をしてみると
回収率が194%まで上がっているので、
ここまで該当したら久々でも買いですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう