ヴィクトリアマイル2017の傾向と対策
ツクツク通販

ヴィクトリアマイル2017の傾向と対策

どうしても牝馬のマイルG1ということで
メンバーはG2レベルになりがちなヴィクトリアマイル。
気がつけばもう10年以上の歴史を積み重ねていますので
今では競馬ファンなら誰しも知るレースではありますね。

ヴィクトリアマイルを予想するために知っておきたいこと

ここ10年では1番人気が3勝、2番人気が1勝。
4番人気が1勝、5番人気が2勝、7番人気が1勝。
そして11番人気が1勝、12番人気が1勝と
正直なところ波乱要素を含んだレースですね。

7番人気以下の馬が全て馬券外になったのは
過去10年で2回だけですから、上手く穴馬を
チョイスしないと3連系の馬券が当たらないとも言えます。

前走1~5着の馬が5勝、6着以下の馬が5勝と
前走良い結果を出している馬とそうでない馬が
イーブンの勝ち馬数になっていることであったり
前走上がり3F1~2位の馬が勝っていないことも
特徴になっていますね。

ヴィクトリアマイルとミリオンダラー馬券術での傾向

前走高★経由の馬が25頭で3勝、高+経由の馬が10頭で1勝。
前走高-経由の馬が13頭で1勝となっており、
それ以下のレベルは勝ち馬は出ていますが頭数が20~40ぐらいですので
勝率で言えば圧倒的にレベルが高いほうが良いと言えます。

前走高-以上で4着以下だった馬が31頭該当して
5勝と2着2回ですからここが狙い目になりますね。

現時点の登録馬で該当するのは

アットザシーサイド
クイーンズリング
クリノラホール
ソルヴェイグ
ヒルノマテーラ
ルージュバック

ただ上記前走高-以上で4着以下の馬は
今走1~7番人気までで勝ち馬も2着馬も
全て出ているので、前走負けたが今走人気か中穴程度で
巻き返してきそうな元々実力のある馬が狙い目と言えますね。

ヴィクトリアマイルと坂路調教

関東馬は3頭の勝ち馬が全て当該週坂路の最速時計で
53.9秒以下の馬が該当しています。

関西馬の勝ち馬は時計的にはバラバラですが
最も多いのが60.0秒以上の時計が遅い馬です。

また当該週坂路最速時計の持ち時計を見ると
関東馬は49.9秒以下(今の美浦は時計が昔とかなり変わったので参考にはなりませんが)
関西馬は1頭を除いて勝ち馬は全て53.9秒以下の持ち時計がありました。

今回に関しては前走時点までで、関西馬の登録馬は全て
これをクリアしていますね。

ヴィクトリアマイルと指数

ここ3年、arms指数は2位が2勝、7位が1勝
S指数は2位5位6位が1着なので重要視できますね。

ただ基本的にG1に関してはテイクアップアームズのサイトや
会員様メルマガにも先日書きましたように、
実は単純にarms指数上位を買うだけで3年連続プラス中ですから
基本は指数上位狙いが正解です。

https://t-u-a.net/?p=2813

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~は、競馬本著者の竹内が制作したPDF形式の電子書籍馬券本となっております。

競馬本の単行本として発売するときには「1つのテーマで複雑ではないもの」という制約がある中で書く必要がありますが、本書に関しては私が自由に「こうすれば馬券力が上がります」という内容を書いたものとなっております。

馬券の初心者さんには特に見ていただきたい内容となっていますし「ここからの馬券人生のスタート」に役立てていただけると思います。

また、馬券歴が長い人にとっても使えることがきっとあるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう