また、皆さんどうぞ「ギャンブラー」になってください。
ギャンブラーとは冷静です。
僕は今、大変なショックを受けています。
先ほど書いた方、僕の記憶に残っていまして
「あれっ?なんか和気あいあいとやり取りしたことがあるような」と思って調べてみたのですが、つい12月末
昨年の開催が終わった直後に、ご友人の方と「○厩舎は調教が良いけど走らない調教詐欺馬だ(笑)とやり取りしている」とか
「この厩舎どう思いますか?」みたいなメールをいただいて
それに返信もしておりました・・・。
そのメールには嬉しい言葉もありました。
 
 
『いつもお世話になっております。
本年は御社の指数により年間トータルでプラスを出す事が出来ました、ありがとうございます。』
 
 
このお言葉をいただいてから、1ヶ月も立たず
 
 
『一体いつになったら勝負軸の馬勝つんですか?
回収率って言うのは分かりますが、いい加減当たらないと資金もクソもありませんよ?
指数の結果も良くないし、騎手のせいにしてないでなんとかしてくださいよ、安くないお金払ってるんだから。』
 
 
同じ人がこんなメールになってしまう。
 
しかも「竹内が何とかしたら勝つ馬が変わる」と
思ってしまうぐらいの状態になってしまうのです。
年間トータルでプラスになって指数を活用した人が
1ヶ月、いやこの1週2週で「結果が良くない」と
前後不覚になり怒り出すわけです。
 
 
これが競馬、ギャンブルの怖さなんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
でも、本当にそれは一瞬なんですよ皆さん。
  
  
土曜の最終レースが終わってから1時間
日曜の最終レースが終わってからサザエさんが始まるまでの
たった短い時間だけ、ここだけ人格崩壊したり
性格や価値観が変わってしまうのが競馬なんです。
 
 
冷静に考えたらトータルで見れます。
森で見れます。でもこの状態だと木も見れなくなります。
 
 
この人のように「勝てていて」「価値を理解して」「明るく」「競馬が大好き」という人でもそうなるのです。
 
 
私は、当然コンテンツユーザー様が多いほうがいいですし
ましてや1ヶ月前に「今年勝てたのは指数のおかげ、ありがとう」と言ってくれた人を退会させることなんて初めてです。
 
ですが、僕も10年やっていればわかります。
 
この方は、指数や自分自身を信じて勝てている状態から
あっという間に「馬券の責任を他人のせいにする」ことを
選んでしまったわけです。
 
こうなってしまうと、お金にいとめなく馬券を買う
勇気が出てしまうのです。なぜならそれは第三者のせいだと
気が楽になってしまうからです。
 
ですので、ご本人のためにもご利用を辞めていただきました。
 
でも、これは僕自身や皆さんでも起こりえる感情なのです。
 
ギャンブルに勝つ負ける、これはお金の部分もありますが
そうではなく「心」でもあることです。
 
そして、同時に心が負けたら金銭的にも確実に負けます。
 
絶対にこれは皆さんも覚えておいてください。

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう