A⇒「相手がわからないし、単勝でいいのかな・・・わからない!」 B⇒「相手がわからないし、単勝でいいのかな・・・わからない!」 C⇒「買い目があるから丸乗りしよう。外れたらコイツの責任だし」

■他人の予想を見たがる心理

こんばんは、竹内です。

競馬ファンの多くには面白い特徴があります。

例えば以下のようなものがあるとしましょう。

A:「この人の推奨馬は回収率150%」
B:「この馬券理論に該当した馬は回収率の120%」
C:「回収率60%ぐらいの買い目馬券種まで書いてある趣味の予想ブログ」

そしてそれぞれに対して思うこと。

A⇒「相手がわからないし、単勝でいいのかな・・・わからない!」
B⇒「相手がわからないし、単勝でいいのかな・・・わからない!」
C⇒「買い目があるから丸乗りしよう。外れたらコイツの責任だし」

そして、Cを買うのです。

大きな理由は2つ。

まず1つは

『単勝が嫌い』

「単勝に1000円なら馬連10点の方が
沢山馬券があるから当たる気がする」

「負けたら外れだから買いたくない」(謎)

こんな心理を持つ人が多いです。

もう1つは。

「責任」

回収率150%の馬を知っていても
相手を選んだ時に紐抜けして外れたら自分の責任。
でも他人の予想に丸乗りしたら自分の責任にはならない。
(実際には当然自分の責任。人に責任のあるギャンブルなど無い)

そしてこのような人たちは予想会社に流れます。

「会員様1500名突破!!」
「回収率5000%!!」
「先週は100万馬券的中で1億円の払い戻しおめでとうございます!!」

100万馬券を1500名が1万円買ったんですね。

それで100万馬券になることなんてありませんが・・・

でも、これを信じてしまうというより
信じていなくても買い目があればそれで良いという
競馬ファンが多いということです。

私は予想屋ではないですが、
多少は競馬予想会社の業界について詳しいです。

あの高額で大量に広告宣伝を打てる資金力にしてもそうですし
不的中でも的中発表するシステム、そして異常な買い目数。

それでも、大量の入会者がいるというのはそういうことなのでしょう。

戦う理由、戦う気持ち、戦う意識

これを置いている場所が悪い人が負ける世界。
それがギャンブルの世界ですからね。

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~は、競馬本著者の竹内が制作したPDF形式の電子書籍馬券本となっております。

競馬本の単行本として発売するときには「1つのテーマで複雑ではないもの」という制約がある中で書く必要がありますが、本書に関しては私が自由に「こうすれば馬券力が上がります」という内容を書いたものとなっております。

馬券の初心者さんには特に見ていただきたい内容となっていますし「ここからの馬券人生のスタート」に役立てていただけると思います。

また、馬券歴が長い人にとっても使えることがきっとあるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう