重賞で乗り戻るということは頭数的に多くありませんが
今、そんなケースで燃えているのが武豊騎手。

一年半で5勝、回収率200%以上をたたき出しています。

昨年ヤマニンウイスカーで乗り戻り3着したことを皮切りに
京都記念のトーセンラー
チューリップ賞のクロフネサプライズ
鳴尾記念のトウケイヘイロー
小倉記念のメイショウナルト
マイルチャンピオンシップのトーセンラー

また、福永騎手も好走が多く
1年半で3勝2着4回3着4回もしています。
回収率は96% 複勝回収で157%と高いです。

この武豊と福永の重賞での乗り戻りというのは
注目をしておきたい条件ですね。

逆に成績が悪いのは戸崎、三浦、柴田大知
横山典弘、柴田善臣、吉田隼人、田中勝春で
一定数以上経験しているのに勝ち星がありません。

重賞ではチェックしたい項目ですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう