2014年1月から先週までの
重賞成績をまとめてみました。
結構な差と特徴が出ていると思います。

◇日刊コンピ指数

回収率61%

日本一の指数であるコンピ指数ですが
1位はほぼ1番人気ということもあり
回収率的にはサイコロを転がして
買う馬を決めるより低いであろうものに。

◇レイティング1位

回収率48%

絶望的な回収率でした。
ただ2~4位はかなり高かったので
その辺は評価できるなという印象です。

◇マイニング1位

回収率52%

こちらもかなり低い年度でした。
ただ1番人気だと85%ありましたので
その点は良い方ですね。

ただマイニング1位で5番人気以下が
全敗というのはキツイですね・・・


上記は世間のメジャー指数ですが
ここ最近は厳しい結果のようです。


逆に、テイクアップアームズの指数は
好成績を出すことができていました。


◇arms指数1位

回収率139%

◇TUA指数1位

回収率128%


「でもね竹内さん、わかるんですよ、わかるんですけど
 僕は的中が少ないぐらいなら、当てて損する方が
 自分の性格にあっているのです。
 当たるときの興奮が忘れられないのです。
 勝ち負けはどうでもいいのです。」


こんなことはガチで言われる言葉です。

ただ、この期間の145Rの重賞の中で
arms指数1位とTUA指数1位だけでも
33レース的中しています。

145レースで33レースで回収率大幅プラスと
145レースでまぁ80レースぐらい当てて
回収率50%ぐらいとどちらが馬券として良い物でしょうか?

言わずもがなですね。

こういう現実があるということは
ぜひ覚えておいていただきたいです。

そうじゃないと競馬は面白くありませんから。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう