JRA 禁止薬物検出で152頭出走取消

大変なことが起こってしまいました。
カイバに混ぜるサプリメント「グリーンカル」から禁止薬物テオブロミンが検出されたことで、152頭が今週出走取り消しとなります。

前代未聞の衝撃が競馬界を襲った。競走馬に与えるカイバに混ぜるサプリメント「グリーンカル」から禁止薬物「テオブロミン(カカオやチョコレートに入っているカフェイン)」が検出されたことが競走馬理化学研究所の調査で判明、15日の開催では約70頭、16日は約80頭、合計152頭が出走取り消しに追い込まれることが明らかになった。15日午前6時半、JRAは公式ホームページで出走取り消し馬の発表を行う。

152頭は当該サプリメントを購入した厩舎(美浦6、栗東21厩舎)の管理馬。禁止薬物の影響下にある可能性が否定できないため、競走除外の措置を取ることとなった。当該厩舎の次週出走予定馬については15、16日の間に血液検査を行う。

関係者によれば、問題のサプリメントは海外から輸入したもの。このような馬の口に直接入るものだけでなく、医薬品なども含めて、初めて使用する際には競走馬理化学研究所の検査を受けるのが通例。このサプリメントは検査結果判明前に販売していた。

どういうわけか報道が出ているのに、JRAは前日発売ができる状態にしたままでJRAサイトやPAT画面などにこの重大なお知らせを入れずにいます。

関係者によれば、問題のサプリメントは海外から輸入したもの。このような馬の口に直接入るものだけでなく、医薬品なども含めて、初めて使用する際には競走馬理化学研究所の検査を受けるのが通例。このサプリメントは検査結果判明前に販売していた。

とのことですが、何というザル状態。

また、

当該厩舎の次週出走予定馬については15、16日の間に血液検査を行う。

ということで、そりゃ当然引っかかるでしょうから来週も出走できない可能性も?

そしてどこまでJRAが情報を出すかですが、取消となった馬を見れば該当厩舎はわかるわけですよね。

問題はこのサプリがいつから販売されていたのか?

今週からと言い張る可能性もありますが、仮にここ数週前からだった場合として、該当した厩舎の馬が好成績だったとしたら。。。

競走能力への影響があるのかないのかはわからないということを前提にしますが、もし該当した厩舎の馬にハナ差で負けて馬券を外していたりした競馬ファンは怒るのでは。

馬主さんや一口や共同で馬を持ってる人もですが、不満は出るでしょうね。

あと近々なら関東オークスとかに出走してた中央馬とかも該当厩舎なら大変なことですよ。

こうなると先週凡走しまくりの厩舎ばかり該当しててほしい気もします(それもサプリのせいと思われるから問題ですが)。

好走しまくっていたらこれは大騒動になるでしょう...

 

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう