現役時代は怪物的強さとやんちゃさが魅力で
キャラも地位も確立したオルフェーヴル。
個人的にも大好きな馬で、印象的なレースというより
東日本大震災まではそこまで目立つ馬ではなかったのに
震災後に突如して能力を開花して競馬ファンに勇気を与えた
諦めない強さを見せてくれたことが印象に残っています。

今は種牡馬として父を超える馬の登場が楽しみでもありますが
期待されていた程には目立っていないというのが現実です。

代表産駒はラッキーライラックとエポカドーロぐらいですし
そもそも全体的な成績が悪いです。

以下はオルフェーヴル産駒の成績ですが、簡単に言うと
「ものすごく成績が悪い」という結果ですね。

人気 勝率 単回値 複回値
1番人気 29.8% 69 78
2番人気 17.7% 71 74
3番人気 5.4% 30 67
4番人気 6.7% 46 82
5番人気 6.5% 64 62
6番人気 6.2% 98 70
7番人気 1.2% 17 86
8番人気 0.0% 0 85
9番人気 1.9% 33 40
10番人気 1.8% 95 41
11番人気 2.2% 78 16
12番人気 0.0% 0 165
13番人気 0.0% 0 120
14番人気 0.0% 0 0
15番人気 0.0% 0 118
16番人気 0.0% 0 0
17番人気 0.0% 0 0

そしてどこを切り取っても成績が悪く、かろうじてノーザンファーム生産で芝出走に関しては
回収率が100%を超えているというぐらいです。

また、それゆえにの結果ですが、オルフェーヴル産駒が1~5番人気になっているレースで
オルフェーヴル産駒を除いて人気別成績を見ると1番人気で勝率42.3% 単回収93%ほか
上位人気の成績が良くなります(相対的に当然なのですが)

個人的には産駒に活躍してほしいのですが、現状ではオルフェーヴル産駒は消すことで
馬券の回収率が上がるということになっていますね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう