東京大賞典2018
平成最後の、という言葉を付けるとどれも寂しくなりますね。
中央競馬は先程2018年の日程が終わり、最終日はルメール騎手が
武豊騎手の歴代1位の記録を塗り替える勝利数を達成したり
WIN5がキャリーオーバーで話題になっておりましたが
配当が歴代ワースト7位の2万円台などなど、思い出に残る日になりました。

さて、東京大賞典が明日に迫っておりますが
2018年最後の馬券はこんな感じで買って年越ししようと思います。
数日間はゆっくり過ごしますのでメールのレスは遅くなります。

◎オメガパフューム
前走はチャンピオンズカップで1.0差の5着と
まだ力が足りないのかとも思うのですが
左回りより右回りの方がスムーズに競馬ができる馬ですし
大井競馬でルヴァンスレーヴの2着という実績もありますので
巻き返しに期待したいです。
休み無く使われているのでコンディションが上がることは
難しいかもしれませんが、実力は出せる舞台。

○ケイティブレイブ
JBCクラシックを勝利したものの、チャンピオンズカップは
福永騎手曰く「西陽を気にした」という敗因。
まぁ西陽が原因かはともかく、2戦連続で+10キロでは
調整が上手く行っていなかったのではないかとも思います。
今回は流石に絞ってくるでしょうし、枠も内に入りましたから
先手を取って立ち回れれば上位争いできるでしょう。
大井競馬は得意な舞台ですし、恥ずかしい競馬はできません。

▲エイコーン
フリオーソの子らしくダートに転向して即未勝利を勝ち
そこから2着4回と続きましたが、そこからは500万・1000万・1600万を3連勝。
なぜ芝を走らせていたのかは謎ですが、ダートになり見事に素質開花。
使われ詰めなので上積みはないと思いますし、ここでは格下で挑戦者の立場ですが
早めに動いてマクりの競馬をして先手を取れるペースになった場合には
上位に食い込む可能性は十分。

△ゴールドドリーム
チャンピオンズカップは歩様の違和感で直前に回避。
結局は右肩の筋肉痛だったようですが、やはり調整の部分で不安。
帝王賞で勝利している舞台ですし実力は頭1つ抜けていますが
人気を背負うことを考えると扱いが微妙なところ。
本質的にはマイラーのような印象もありますし
盛岡から東京大賞典というローテで全力で勝負するよりも
フェブラリーステークスを重要視しているのではないかとも思います。

×サウンドトゥルー
数日後には9歳ですが大きな衰えもありませんし
特に大井では必ずと行っていいほど突っ込んでくる相性の良さ。
勝ち切るには難しくても紐では抑えておくべきか。
ただ移籍しているのでその辺りは勝手が違ってきますし
マイナスに働く可能性もありますね。

配当的にはゴールドドリーム、オメガ、ケイティの3強で
そのまま決まる以外なら多少はマシになると思います。

買おうと思っているのは3連単でこんな感じです。

◎-○▲-○▲×
○-◎▲-○▲×
◎-▲-△
○-▲-△

まぁ東京大賞典は荒れにくいですからねぇ。
エイコーンのマクり、ケイティが調子回復しておらず崩れて
オメガとサウンドが突っ込んでくるような形で
▲-◎-×を夢馬券として1万円ぐらい入れてみようかとは
思っていますが、オッズ次第ですね。

 

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう