海外競馬がなぜかよく当たる男竹内ということで
今年も沢山の凱旋門賞の予想リクエストをいただきました。

早速ですが、まず買う馬は以下の5頭としました。

・キューガーデンズ
オブライエン厩舎の1頭です。
パリ大賞典勝利、英セントレジャーも勝利しましたが
この英セントレジャーでは直線で馬が横を向いたり
なんだか本気で走ってない感じなのに差し切っていて
まだまだ潜在的な能力を感じました。
1戦ごとに成長する時期の3歳馬ですし、100%本気で走るなら
エネイブルに逆転という可能性を感じる馬です。

・エネイブル
昨年の覇者エネイブルですが今年の始動は9月のセプテンバーSから。
これまた衰え知らずで勝利して勢いをつけて確勝!!
と言われているのですが、そもそも前走は4頭立てのレースですし
調教みたいなレースであることは気になります。
1番人気、休み明けを4頭立てで使って2走ボケもある状況と
それなら頭では買いたくないなというのが本音。

・シーオブクラス
凱旋門賞と言えば3歳牝馬の好走が目立ちますが
今年の注目はこのシーオブクラスですね。
ヨークシャーオークスのレースは何度も見てしまいましたが
その理由は・・・馬が「気持ちい~い」と言いながら
走っているかのような直線の走り方に見惚れたからです。
今年の4月にデビューしたばかりでキャリアが少ないことは
不利にもなりますが伸びしろが大きいという部分では武器ですし
目下4連勝中の勢いと走りっぷりで高評価。
追加登録して自信もあるということなのではないでしょうか。

・タリスマニック
昨年のBCターフを勝利している馬ですが
今年は凱旋門賞に出陣ということで注目しています。
フォア賞ではヴァルトガイストに差し切られましたが
抜け出してからクロスオブスターズを抜かせない根性があり
展開と位置取りによっては面白いのではないかと思います。

・クリンチャー
フォア賞はさっぱりでしたが能力は高い馬。
G1未勝利馬ですし勝ち切るのは難しいと思いますが
4000勝男、武豊の平成最後の大仕事という期待もあります。
使われて良化するタイプですし、1番ゲートを引いたこともあり
内から先行して粘り込む形なら楽しみ。

本命や対抗の印と買い目は動画の方でアップしてあります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう