桜花賞2018 予想対策

今年の桜花賞は無敗の女王誕生なるか?ラッキーライラックを中心として、シンザン記念を勝利して挑むアーモンドアイ、切れ味鋭いアンコールプリュ、5戦目から覚醒の3連勝ハーレムライン、まだ伸びしろが多く、出走できれば注目のフィニフティ、1月に勝利し桜花賞へ直行便で来るプリモシーン、フィリーズレビュー制覇のリバティハイツ、そしてラッキーライラックへの雪辱を目指すリリーノーブルなど面白いメンバーでの戦いになりそうですね。

桜花賞を2007年から振り返ると人気別の成績は以下のようになっています。
やはりこの時期のまだ若い牝馬のレースですから人気に推される馬があっさりということばかりではありませんね。

人気 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 3- 2- 1- 5/ 11 27.3% 54.5% 47 62
2番人気 2- 4- 0- 5/ 11 18.2% 54.5% 79 110
3番人気 2- 2- 1- 6/ 11 18.2% 45.5% 99 108
4番人気 0- 1- 1- 9/ 11 0.0% 18.2% 0 48
5番人気 1- 0- 3- 7/ 11 9.1% 36.4% 92 117
6番人気 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 9.1% 0 73
7番人気 1- 1- 1- 8/ 11 9.1% 27.3% 163 143
8番人気 1- 0- 1- 9/ 11 9.1% 18.2% 370 111
9番人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0 0
11番人気 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 9.1% 0 50
12番人気 1- 0- 0- 10/ 11 9.1% 9.1% 394 101
13番人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 9.1% 0 169
15番人気 0- 1- 0- 10/ 11 0.0% 9.1% 0 300
16番人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0 0

東西の所属別では完全なる栗東有利の傾向ですね、まぁこれは大体のG1でこの傾向ではあるのですが。

調教師分類 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
美浦 2- 2- 5- 65/ 74 2.7% 12.2% 28 75
栗東 9- 9- 6- 97/121 7.4% 19.8% 96 80

次は昔からメルマガなどでも耳にタコができるぐらい言っている馬体重について。
競馬は基本的に小さい馬より大きい馬の方が有利ですが桜花賞を見ても明らかにその傾向が正しく出ていますね。

馬体重 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0 0
400~419kg 0- 1- 0- 11/ 12 0.0% 8.3% 0 14
420~439kg 1- 5- 2- 36/ 44 2.3% 18.2% 98 147
440~459kg 3- 1- 4- 56/ 64 4.7% 12.5% 15 38
460~479kg 3- 1- 4- 35/ 43 7.0% 18.6% 121 89
480~499kg 4- 3- 1- 20/ 28 14.3% 28.6% 113 86

 次は栗東馬の当該週坂路最速時計の持ち時計を見てみましょう。
大半の馬が持ち時計として53.9秒以下なのですが、56.0秒以上の馬が何と5頭も勝利しており、しかも最近のトレンドです。
ずっと坂路では速い時計を出していない馬というのは気にしておきたいですね。

指数範囲 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
48.0~ 49.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0 0
50.0~ 51.9 1- 3- 2- 22/ 28 3.6% 21.4% 155 112
52.0~ 53.9 3- 6- 2- 38/ 49 6.1% 22.4% 42 70
54.0~ 55.9 0- 0- 0- 15/ 15 0.0% 0.0% 0 0
56.0~ 57.9 2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 50.0% 103 368
58.0~ 59.9 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 15 13
60.0~ 2- 0- 1- 9/ 12 16.7% 25.0% 371 70

基本的に休み明け2戦目というのは狙い目と言われますが、全体的に見ると絶望的に成績が悪いです。(これもよくメルマガで書きますね)
ただG1に関してはそこを目標にきっちり仕上げてくるのでそうではないことも多いです。桜花賞の場合もこの期間で休み明け2戦目が5勝、ただ残りの6勝は休んだことがない馬ですね。

間隔 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
明け2戦 5- 1- 5- 53/ 64 7.8% 17.2% 52 72
明け3戦 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 0 26
明け4戦 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0 0
明け5戦 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0 0
明け6~ 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0 0

前走のレース別の成績は圧倒的にチューリップ賞が抜けていますね。

前走レース名 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
チューリップ賞 8- 5- 6-29/48 16.7% 39.6% 102 143
フィリーズレビュー 2- 0- 2-56/60 3.3% 6.7% 140 44
エルフィンS 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 95 102

ここまでの要素として、今走人気は除外しつつ、馬体重は前走時点で440キロ以上の栗東馬で、坂路の持ち時計が56.0秒以上でなおかつ今走が明け2戦目か休んだことがない馬で前走チューリップ賞というところまで絞り込みましたが、2頭もすべてを満たした馬が登録されていました。

無敗の女王を目指すラッキーライラックと前走はそのラッキーライラックに破れましたが素質の高いリリーノーブル。
今年の桜花賞は荒れなさそうということでしょうか・・・決戦は今週日曜日!

ブログランキング参加中!!あなたの応援クリックが更新モチベーションに繋がります、応援よろしく!

DLmarketで購入

DLmarketで購入

竹内著書 ミリオンダラー馬券術 関連コンテンツ
ミリオンダラー馬券術出馬表(競馬最強の法則運営)
http://saikyo.k-ba.com/members/takeuchi/
ミリオンダラーMAKER(競馬最強の法則運営)
http://saikyo.k-ba.com/members/takeuchi/maker/

指数ならテイクアップアームズ
https://t-u-a.net/

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう