先日メルマガで「小牧騎手がまだ未勝利だ」ということを書きましたが先週ようやく1勝しておられましたね。
馬券は外れましたがなぜかホッとする気分になりました。

さて、先週は人気を裏切ってデムーロ騎手が11戦全敗。※平均人気1.5
戸崎圭太騎手が18戦して全敗。※平均人気3.7

一方で今年何度も「凄いなぁ」とメルマガやフェイスブックで書いている田辺騎手は勝利を重ねてデムーロにあと1勝差の2位まで浮上。
武豊騎手も20勝で3位、藤岡佑介騎手が19勝で4位。
松山騎手が18勝で5位ですが、彼の場合は2着も23回と抜群で単回収217%、平均人気6.7倍でこの勝利数は凄まじいことです。

戸崎騎手は7位まで落ちて勝率11.8%になりましたが騎乗馬の平均オッズが約4倍の松山騎手も勝率11.8%ですからね。
そして回収率が約7倍ですよ(戸崎騎手は現在37%)。

こうなってくると誰が本当に上手い(今)のか?ということも数字でしっかり見えてきますし、今の競馬界の偏りであったり
結果を残しても馬が回ってこないアンバランスな部分を正当にするためにも今年はこのまま田辺騎手や藤岡佑介騎手、松山騎手らに最後の最後までリーディング争いできるぐらいのことをやってのけてほしくなりました。

さて、そんな騎手の世界ですが今年も今週末から新人騎手が登場します。
今年は西村淳也くんら3人がデビュー予定ですね。
昨年と比べて全くニュースにもならない3人ですが、競馬を盛り上げるために怪我なく健康で頑張って欲しいですね。

その西村淳也くん、憧れの騎手は松山騎手なんですよね。
気がつけば松山騎手も27歳ですが、僕でもそうですし僕より年上の競馬ファンの方からはより思うことだと思いますが「もう松山騎手に憧れてるという新人が出てくるのか!?」と。

これも時代の流れですね・・・

なにせ木幡初広騎手が52歳、柴田善臣騎手が51歳
小牧騎手が50歳、横山騎手が50歳、武豊騎手と蛯名騎手がもうすぐ49歳。
内田騎手が今年48歳、田中勝春騎手が47歳、四位騎手も46歳の年。
そもそも福永騎手とかも見た目が若いですが42歳の年です。
ルメール騎手とデムーロ騎手も40歳目前ですからね。

そりゃそろそろ20代から30代前半の騎手が天下を取るぐらいにならないとアスリートの世界としてはどうなの?と思ってしまいます。
もちろんベテラン騎手には敬意を払うべきですし、腕も当然あるからこそなのですがこのままだと・・・ベテランがトップのまま引退していって
そのときには今の中堅がベテランになり、そのときには若手に負けているというそういう未来を想像してしまうのです。

分かる人には分かると思いますが新日本プロレスの第三世代のポジションになりそうな騎手がそのまま今年活躍している騎手に見えてしまうのです。

 

ブログランキング参加中!!あなたの応援クリックが更新モチベーションに繋がります、応援よろしく!

 

竹内著書 ミリオンダラー馬券術 関連商品

完売御礼!!

 

残少

ミリオンダラー馬券術出馬表(競馬最強の法則運営)
http://saikyo.k-ba.com/members/takeuchi/
ミリオンダラーMAKER(競馬最強の法則運営)
http://saikyo.k-ba.com/members/takeuchi/maker/

SUNDAY12FEVER

DLMarketにてお取り扱い中

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう