2017/10/7.8.9 テレビ静岡賞など 次走の注目馬メモ

2017/10/7 京都6R
ドラゴンマジック

最内からスタートするも前に行く気は無く馬なりで。
向こう正面から位置を下げて中団で追走しました。
他の馬が動き出しても追う気配はなく、3コーナー前で
ブービー位置になってから追い出しを開始するも
位置的に勝負になることはなく大敗。
ただ地方帰りで今回不良馬場ということもあって
どうも本気でやる気がなかったように見えました。
どこかですんなり先行して馬券に絡んできそうなので
暫く気にしておきたいと思います。

2017/10/7 京都9R
ウォーターマーズ

スタートがそこまで悪い馬でもないと思いますが
定位置の後方まで下げての競馬。
向こう正面で鞭が入りかなり押していましたが、
全くついていけなくなり脱落。
今年前半の内容を考えれば変わって来そうですし
1800mで見直したいですね。

サハラファイター

スッと外から先行集団に入り4番手辺りを追走
向こう正面でも楽な感じで走れている
直線前から手が動いて動き出すも足が止まり
直線半ばからは勝負圏外に。
ここまで止まる馬ではないですし次が走り頃なので
巻き返しに期待しています。

2017/10/8 テレビ静岡賞
ダイゴマサムネ

ハナを切って飛ばしてレースを引っ張り直線まで先頭。
後方からか逃げるかの極端な馬ですが、
両極端な競馬をしてどちらもダメなので見所は薄い。
追い込み馬が逃げたときというのは穴パターンですが
どういう競馬をしても直線で大きく失速しますからね。
ただ三津谷騎手との相性は本当に良かったと思いますし
クラスが違うと言えばそれまでですが、馬体が大きい割に
斤量に敏感なタイプなのか?とも思ったりします。

グラスエトワール

スタートから押して向こう正面でも気合をつけながらレースを進める。
この馬としは位置取りが前の方が好走しているわけですが
あそこまで気合をつけ通しだと負担が大きいでしょうね。
そのまま直線までもずっと押し通しで位置取りを上げて来ましたが
切れる脚は持っていない馬なので失速して終了。

この馬に関しては当該週坂路の最速時計が速い時に好走が多く
ながつきSでは51.0秒で2着 神無月Sは51.8秒で2着や
53秒台以下の時に好走が多い中で今回は73.8秒。

次走は時計が速いなら巻き返しに期待ですね。

2017/10/9 東京7R
ドラゴンホマレ
内中団から追走、ロスのない競馬も勝負どころで終了し最下位。
ただこの馬自体は気分良く走れば何かあるタイプの馬なので
先行馬が少ないレースであれば買いたい。

トキメキユキチャン
スタートはまずまずも位置取りは下げていく。
最後方辺りまで下げてしまい3角から追い出し
何となく砂を被らない位置になってから伸びている。
1戦毎に良くはなっている印象はある。
テンが遅いわけではないので前に行けばいいのに?
と思ってしまいますが、一度ぐらい試して来そう。

ゴールデンティアラ
中団から競馬、馬なりで道中は追走していくだけ。
4角でやや窮屈になり内を選んでいくも反応が悪く
ただ走る素振りも何度か見せているので集中力次第。
もう少し馬が成長すれば変わりそう。

ブログランキング参加中!!応援よろしく!

 

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう