普段、ダート戦で6着以下になった馬についてレースを見て気になったことをTARGETに走り書きで登録しています。
ブログの方にも残しておくのもいいかなと思いまして、時間がある時に書いていこうと思います。

2017/9/30 阪神8R

モーグリ

後方から、向こう正面では外々から位置取りを前に意識して動く。
4角では外々から位置取りをかなり上げて勢いはつけていたが直線前で止まる。
動き出した時の脚が勝負どころで100%使えればもう少しやれそうで、
今回は距離のロスなどもあっただけに、どこかで大仕事をしそうなタイプ。

スターペスユウコ

ゲートは良かったが慌てずに先行争いを避ける。
向こう正面でも慌てず馬に任せた競馬を続けている印象。
直線前に追い出し開始し直線でもある程度の脚は使えたが前の馬には届かず。
この馬ならもう少し位置取りを前にできるのでする方がいいのではないか。
ただ距離は1200mの方がいいのだろうなとも思います。

2017/9/30 シリウスステークス

マスクゾロ

内に切れ込みながら先頭を切りハナ、ロスのないコースを選ぶ。
4角で並びかけられたところでキツくなってきていたが、
スタートよく見えたが勢いが良すぎたようにも見えるので
見た目より脚は使っていたような印象もあることや
ハンデもきつかったことで失速が早かったのではないか。

2017/9/30 中山8R

リリカルホワイト

良いポジションが取れるテンの脚で内を選択して先行集団で追走。
向こう正面でもリズムよく競馬をしていた印象だったが
4角から直線前で前が狭く追い出しが遅れてしまい
その分のロスもあった印象があります。

マイネルネッツ

先行集団を見ながら先行の中の後方で。
最初のコーナーでやや減速してしまったのがもったいない。
向こう正面でポジションを詰めるが細かいところでちょくちょくと
スムーズさを欠いた印象。直線では上位争いかと思ったが脚が止まり
本来したかった競馬ができていればもう少しやれたのではないか。

2017/10/1 中山6R

ディアライゼ

勢い良く前に行き先行集団、やや抑えようとしていたか?
内を周りロスのない競馬をしていたが
勝負どころ4角前で前の馬が動き出した時にやや遅れる。
しかし上手くコーナーを回って直線に入り最後まで脚は使えていた。
ただ、逃げるか追い込むか極端な競馬をしたほうが良いのかもしれない。

2017/10/1 中山8R

プリンセスロック

中団後ろからの追走でそのまま3コーナーまで。
動きたいような印象だったが4コーナーから直線入って少しまで
前と横にしっかり馬がいた状態で追い出しが遅れたか。
その分だけ脚は溜まっていたはずで、一瞬伸びを見せたが
すぐに脚が止まってしまった。
もう少し気分良く最後まで走ることができれば変われる。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう