優駿牝馬オークス2017の傾向と対策

優駿牝馬オークス2017の傾向と対策

未知なる距離へ3歳牝馬が頂点をかけて挑戦する
優駿牝馬オークスが開催されます。

近年ではジェンティルドンナやブエナビスタの
伝説となる序章だったレースでもありますし
多くのファンに愛されながら引退したメイショウマンボも
このレースを勝利していますね。

過去10年で1番人気が3勝、2番人気1勝
3番人気2勝、4番人気1勝、5番人気2勝
7番人気1勝、9番人気1勝と大波乱まではないものの
上位混戦というところはこの時期の3歳牝馬を惑わす
2400mという距離のせいかもしれませんね。

前走1着馬が6勝ですから連勝率が高く見えますが
それでも2着以下も半分いるわけですね。

前走桜花賞から8勝ですから基本的には桜花賞組から
狙うというのが正攻法だとも言えます。

優駿牝馬オークス2017とミリオンダラー馬券術での傾向

いつものRレベルどうこうよりも前走桜花賞が重要です。
その上で今走R+馬が4勝、R-馬が1勝しています。

もう少し細かく見るとレイティング1位のR+馬が
過去8頭該当して4勝2着1回と素晴しい成績。
それ以外のR+馬は0勝で2着1回3着1回。
R-馬が1~3着を各1勝というところです。

なので桜花賞組のR- R+ を抽出してから
絞込をかけていく方がいいですね。

現時点ではまだ予測となりますが
登録場の中で前走桜花賞馬は以下の馬。

アドマイヤミヤビ
ソウルスターリング
ミスパンテール
リスグラシュー
レーヌミノル

この中でR-やR+になりそうなのは

レーヌミノル
リスグラシュー
ソウルスターリング

この3頭になるのではないかと思います。

優駿牝馬オークス2017と坂路調教

関東馬は当該週坂路最速時計が60.0秒以上の
遅い馬が2勝と2着3頭で圧倒的に偏っています。

関西馬も当該週坂路最速時計が60.0秒以上が
26頭いて3勝と2着2回というのも良い結果ですが
4勝は55.9秒以下、特に53.9秒以下の馬は
29頭いて3勝していますから注目しておきたいです。

また、面白いことに当該週坂路の持ち時計に関しては
これが60.0秒以上の馬は全敗しているということです。

この矛盾にも見える傾向が面白いポイントですね。

優駿牝馬オークス2017と指数

arms指数はここ3年は全くの外れ。
4位が2勝、16位が1勝ですから無念の結果です。

ただF指数を見ると7位以内の馬が3年連続
2頭以上馬券内に来ています。
またこれも前走桜花賞組に限れば精度が増しますので
arms指数よりもF指数の方が相性が良いのかもしれません。

ただ、基本的にはG1はarms指数上位を買えば
毎年プラス収支であることも忘れてはいけないポイントですね。

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう