こんばんは、竹内です。

今日は1つ馬券アイデアをプレゼントします。


【条件】

ダート競走/1レースの中に牝馬が6~7頭
※8頭以上は分母数が減るので、牝馬の割合が多いレースで
分母数がしっかりあるのが6~7頭として判断しました。

・牝馬成績 回収率60%
・牝馬勝率 勝率4.7%

と、計算上ではなるが、1レース辺りに複数頭出走しているため
分母数に対しての確率が4.7%。しかしレース単位では30.2%となる。
※これはデータを扱う上で非常に重要です。
 この手の数値の扱いを間違っている人の方が多いです。

・牡馬成績 回収率88% (せん馬含む)
・牡馬勝率 勝率8.1%  (せん馬含む)

先程の計算と同じでレース単位で牡馬が勝つ確率は69.8%


【何が言いたいのか】

人間の競技ではほぼ男女の対戦はありませんが
競馬の世界では男女の対戦は当たり前のようにあります。
やはり牝馬の方が神経質であったり体調の波もあることや
馬体の大きさなども含めて牡馬のほうが直接対決での成績は高い。

そのような環境を考えると、1レースの中で牝馬が多い場合に
牡馬の回収率が高くなるのではないか?という仮説が
実際にそのようになっているというのが【条件】で書いた内容です。

これに対して

・牡馬の馬体重460キロ以上

これで単回収93%もあります。

※この時点で新馬戦の回収率は129%もあります。


竹内コンテンツでは当然これ以上の回収率は見込めますが
何らかの理由で競馬新聞以外のツールを手にできない人も
まだまだおられると思います。

そういう人は、こんな絞り込みから自分なりの馬券理論を
作ってみてはいかがでしょうか?

====================
⇒5人の競馬ファンが勝ち組へとなった1通
http://stepup.at-a-gallop.net
====================

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう