第28回セントウルS

◎トーホウアマポーラ

休み明け使われての2戦目はいつも調子を上げている
トーホウアマポーラですが、前走は休み明けから好走して
CBC賞を見事に制覇。

福永祐一とは手が合っている馬でもありますし
今回も調教は順調で状態としては良いだろうと想像しています。

阪神1200mというところは未知ですが
阪神得意ですから基本的には問題になることはないと思いますし
あまり前回の差す競馬に固執しなければ連勝まで見えます。

◯ハクサンムーン

久々に登場した逃げの快速馬ハクサンムーンですが
今年の春はオーシャンSで惨敗、高松宮記念では
競走馬人生の中で最も後方からになり5着。
ただ、それでも不良馬場の中5着までこれたことは
この馬の能力として評価して良いところでしょう。

鞍上は今回戸崎騎手になりますが
これはもう緊張することもなく行くだけでしょうから
この馬の復活にも期待ができると思います。

阪神は4戦4勝という成績も大きなポイントですね。

▲アンバルブライベン

大荒れとなった北九州記念の4着馬アンバルブライベン。
あのレースの1着リトルゲルダは最もスムーズに
誰と争うことなく上手い競馬をしていましたが
この馬に差された後もしぶとく食い下がっていた
アンバルブライベンの4着には価値があると思います。

ハクサンムーンがいるので厳しいレースにはなるはずですが
この夏は状態が上がってきているだけに穴で注目。

△エピセアローム
×リトルゲルダ
×スギノエンデバー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう