第55回宝塚記念

第55回宝塚記念

◎ウインバリアシオン

3強の様相を呈する今年の宝塚記念ですが
私はウインバリアシオンを本命に選択しました。

オルフェーヴルがいなければ・・・
そんな戦歴のウインバリアシオンですが
逆に言えばオルフェーヴルがいたからこそ
この馬のレベルも上がったのだと思います。

好敵手がいなくなってからは日経賞で圧勝の1着
前走天皇賞春も激戦の中クビ差の2着と
まだまだこれから活躍するであろう想像をさせてくれました。

ここまでの乗り込み量は十分ですし
このレースに賭けている印象も受けます。

騎手も岩田騎手に戻りますから捲る競馬を狙うでしょうし
そうなればゴールドシップとの叩き合いの可能性も高く
また、逆にゴールドシップもこれまでの阪神と同じように
簡単には行かないのではないか?と思います。

◯ホッコーブレーヴ

前走天皇賞では差のない3着となり
競馬ファンを驚かせましたが・・・
人気的にはそうでも、実際には日経賞で2着
ジャパンカップですら0.6差ですから
当然実力は持っている馬であると思います。

ウインバリアシオンがオルフェーヴルのそれであったように
このホッコーブレーヴはウインバリアシオンの背中を連続で見て
成長をしているでしょうし、実績を出しているのに
人気は5番人気と狙い目の1頭だと思います。

▲ゴールドシップ

阪神であれば最強。
そんな印象を持つ人が多いゴールドシップですが
確かにこの馬は阪神巧者であると思います。

しかし、それ以前の問題で「気持よく走れるか」という
気分の問題が強い馬だなと思いますし、
それは比較的オルフェーヴルと近く、最強だが無敗ではなく
愛嬌がありキャラがある馬だなと思います(なので愛されるのでしょう)

内田騎手が最も騎乗しているわけですが
阪神じゃないから結果が出ていないとも言えますし
内田騎手がこの馬のことをわからなくなっているようにも見えました。

考えてみると、テン乗りで騎乗した安藤騎手、ムーア騎手
ウィリアムズ騎手は敗れています。

もちろん秋山騎手の新馬戦、内田騎手の共同通信杯
岩田騎手の阪神大賞典は勝っていますが
ゴールドシップの能力から考えると目一杯レベルが高いわけでもなく
今走横山騎手がテン乗りをするということへの不安も感じます。

今のゴールドシップは後方待機ではなくて
ある程度の位置から早仕掛けをしないといけないので
横山騎手だとまさかの後方待機も他の騎手よりは確率が高いだけに
どこまでゴールドシップを気分良く走らせられるか?という部分で
三番手評価としました。

△ジェンティルドンナ
×フェイムゲーム
×ヴェルデグリーン

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~は、競馬本著者の竹内が制作したPDF形式の電子書籍馬券本となっております。

競馬本の単行本として発売するときには「1つのテーマで複雑ではないもの」という制約がある中で書く必要がありますが、本書に関しては私が自由に「こうすれば馬券力が上がります」という内容を書いたものとなっております。

馬券の初心者さんには特に見ていただきたい内容となっていますし「ここからの馬券人生のスタート」に役立てていただけると思います。

また、馬券歴が長い人にとっても使えることがきっとあるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう