あけましておめでとうございます。
at a gallopの管理人竹内です。
本年もよろしくお願いいたします。

私はですね、今年で世に出て10年目となります。
ここまで、1万人以上の読者様に応援いただきながら
書籍の刊行や会社の設立、番組制作などしておりました。
10年目に入り、また申年という私の生まれ年ということもあり
今後さらに頑張るという決意を再確認することや、
読者様、会員様、動画チャンネル登録者様などの今年のご多幸を祈るために
竹内という人間が最も苦手な高いところから飛び降りることにしました。

その場所は、茨城県にある竜神大吊橋、高さ100メートルからの
バンジージャンプでのダイブです。

数名の仲間に付き添われて、現地につき、淡々とセッティングをされました。
こちとら、尋常ではない高所恐怖症の人間です。
それが目の前というか目の下にとんでもない高さが広がっているのを見れば
一瞬で顔が老けてしまうものです。

カウントダウンが5・4・3・2・1と言われる中
「高所恐怖症」に打ち勝ったのは「これでダラダラ飛べない感じになると
係員の人たちにご迷惑をかけてしまう。それなら一発で飛ばないと。」という
物凄く日本人的な部分が出たことで、一発で飛び立ちました。

もう、頭は真っ白です。
数秒間の間ですが「死ぬ」「あ、死んだ」と思いました。
だって、紐の反動を感じるまでの間は、ただ橋の上から
100メートル落下していくだけなんですから(笑)

しかし、躊躇わず、自分の脚と意志だけで飛び降りるという行為に
何か変わったような、何か変わるような、そんな気がしました。

もともとは成人の儀式から始まったようですが、
私もこれで35歳にして、大人になれたのかもしれません。

皆様に、幸あれ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう