菊花賞、岩田騎手の確信犯?妨害とブライトエンブレム

 

普段あまりこういう記事は書きませんが
ヤフーニュースにもなっていますので、競馬ファンとして苦言を。

先週、菊花賞でブライトエンブレムが大きな不利を受けました。
その後も猛然と追い込んで7着となりましたが、
その不利がなければどこまで着順を上げたのかわかりません。

まず、1枚目の画像。
2番、岩田騎手の後ろに見える黄色帽子がブライトエンブレムです。
向こう正面で動いてグングンと足を伸ばしました。

あっという間に内から岩田騎手までは捉えます。
何事もなければ2枚目画像の2番の前内に入り込んで
直線までに良い位置につけて勝負できたでしょう。

 

3枚目の画像は、そのブライトエンブレムの勢いに気がついた
岩田騎手が振り返って確認をしています。

 

そして、もう1度しっかり確認をしながら
何を思ったのか進路を急激に内に入れていきます・・・

競馬ゲームで見るような「ケツブロック」を躊躇なく敢行。
ブライトエンブレム騎乗の田辺騎手は当然必死に引っ張ります。
このまま突っ込んだら大事故になるからです。

そして、それをしっかり確認して去っていく岩田騎手・・・

まず、私は岩田騎手は好きな騎手の1人です。
しかし、この荒っぽいというか大事故(相手の)覚悟の騎乗をすることもあり
故後藤騎手もこれでとんでもない大怪我をしています。

馬を制御することは難しいことだと思いますが
このレースに関しては「目視⇒実行」ですから、
断言できなくとも確信犯のようにしか見えません。

これで過怠金5万円です、たったの。

ブライトエンブレムを買っていた人は当然不愉快でしょうし
また競馬ファンの多くが、後藤騎手のことを考えもします。
何より毎度毎度、相手が落馬しても関係ないと言わんばかりで
こういうことになっていることが問題だと思います。

このレースでも田辺騎手が突っ込んでいたら
下手をすれば死んでいたかもしれません。

北島三郎さんの祭熱唱でハッピーエンドというだけで
終わらせて良い菊花賞ではなかったはずです。

LINE@配信しています

LINE@を配信しています。
更新情報や突発的に狙い馬などを配信などしています。
できるだけブログ掲載していない狙い馬をお届けしますので、ぜひぜひご登録くださいませ。
LINE@無料ですのでお気軽に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう