回収率が低い人の特徴 情報格差は致命的なんです

◆回収率が低い人の特徴

「当てたいだけの依存症化しているので
 人気馬は取り敢えず何でも馬券に入れる」

「自分が買う予定の馬が人気だと喜び
 人気薄だと不安になるというギャンブルの仕組みの
 逆に進んでしまっている」

「100円でも多く馬券を買いたい買いたがりなので
 安い情報ソース(スポーツ紙のオマケ競馬記事)しか
 見ようとしない。」

この辺りに該当する人というのは
1レース単位、1日単位、せいぜい1週単位では勝つこともありますが
長期的に見たら全く勝てる可能性を持っていません。

勝つための思考というのは

1:勝ちたい
2:情報ソースを強めて効率を上げる
3:レースや馬を絞り期待値を上げる

負ける人の思考というのは

1:買いたい
2:当てたい
3:負けるための馬券を当てる

ほぼこのパターンですからね。

そして、これは100人いたら1人ぐらいしか
矯正することはできません。

うちの10年近い読者様でも、未だに後者のままで
悩んでいる人も普通にいますが、こればかりは
本人が選んでいることなのでどうにもなりません。

120円のスポーツ紙の中の競馬コーナーの情報量の人
420円の競馬専門紙の情報量の人
データ競馬に数千円~数万円を使った情報量の人

それら同士が戦うのが馬券というジャンルです。

情報格差は致命的なんですね。

ただ、負け組というか上記後者の人というのは
馬券はJRAとの戦いだ、と勘違いしている人が多いです。

根本から間違えてしまっているので
気がつける人は100人に1人ということなのでしょうね。

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~

馬券の強化書~馬券力を高めるために知っておきたい知識~は、競馬本著者の竹内が制作したPDF形式の電子書籍馬券本となっております。

競馬本の単行本として発売するときには「1つのテーマで複雑ではないもの」という制約がある中で書く必要がありますが、本書に関しては私が自由に「こうすれば馬券力が上がります」という内容を書いたものとなっております。

馬券の初心者さんには特に見ていただきたい内容となっていますし「ここからの馬券人生のスタート」に役立てていただけると思います。

また、馬券歴が長い人にとっても使えることがきっとあるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう