2022年神戸新聞杯の予想と買い目をイレブンベットで。
金曜大雨→土曜朝にクッション値が爆上がりという謎の中京。
体感的に怖いぐらいの雨だった愛知県民から言わせていただくと、中京競馬場の上空だけ雲に穴でも開いてたのか?と思うほど。
クッション値が高い中京芝2200mはディープインパクト産駒が少し弱る。
低い方が好成績になるので最近は見事にディープインパクト産駒の成績が悪い方へクッション値が動くというケースが多く、色々と考えてしまいます。
クッション値が高いことを想定すると同コースでクッション値の高い京都新聞杯を勝利したアスクワイルドモアが気になるところで、ここを勝って新聞コレクター爆誕へ。
将来は子供に「ニュースペーパー」なんて付けるのは如何だろうか。
またボルドグフーシュやジャスティンパレスにも注目しています。
万が一クッション値が低くなる怪奇現象が起きた場合にはディープインパクト産駒を重要視しつつ買い目を切り替えていきます。

5冊目の競馬本「クッション値を読む」リリース

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう